Second Royal Records

News

2021.03.12
Homecomings、メジャーデビューアルバム「Moving Days」5月12日リリース決定!
前作「WHALE LIVING」から約2年半ぶり、通算4枚目となるメジャーデビューアルバム「Moving Days」を5月12日にリリースします!映画「愛がなんだ」の主題歌「Cakes」アルバムバージョンや、すき家CMソングにもなった「Pedal」など全11曲を収録。今回初めて初回盤と通常盤、2形態での発売となります。初回盤には、2020年12月25日東京・日本橋三井ホールにて開催したワンマンライブ「BLANKET TOWN BLUES」のライブ映像を収録したBlu-rayが付属されます。

null

■■「Moving Days」情報■■
発売日:2021年05月12日
形態/価格/品番:初回限定盤(CD+Blu-ray) ¥4,950(税込)/PCCA-06031
通常盤(CD Only) ¥2,970(税込)/PCCA-06041
収録曲:全11曲(予定)

Blu-ray収録内容: ※初回限定盤のみに付属
"BLANKET TOWN BLUES" December 25, 2020
01. Corridor(to blue hour)
02. Blue Hour
03. Hull Down
04. Lighthouse Melodies
05. Smoke
06. ANOTHER NEW YEAR
07. LEMON SOUNDS
08. HURTS
09. Special Today
10. Moving Day Part1
11. Continue
12. PLAY YARD SYMPHONY
13. Cakes
14. Songbirds
15. Whale Living
16. I Want You Back

・Amazon.co.jp
ポストカード(音源DLコード付)TYPE-A
・タワーレコードおよびTOWERmini全店、タワーレコード オンライン
ポストカード(音源DLコード付)TYPE-B
・全国HMV/HMV&BOOKS online
ポストカード(音源DLコード付)TYPE-C
・その他法人
ポストカード(音源DLコード付)TYPE-D

※タイプによりポストカードの絵柄が異なります。
※ダウンロードできる音源は共通です。
※絵柄、音源の内容等、詳細は後日お知らせいたします。

ご予約はこちら
https://lnk.to/MovingDays_CD

-

メンバーからのコメント
「新しいアルバムができました。新しいまちをすきになること、新しくなにかをはじめること、なにかを忘れること、忘れることと忘れないことに分けること、柔らかに変わること、やさしさを手放さないこと、引っ越し、壁のメモ、もうひとつのことば、回り続けるコンパスの針、夜の背中、夜明けのドア、昼の光、流れる時間と川の側の部屋、そしてもう一度、やさしさを手放さないことについてのアルバムです。あなたや誰かの新しい日々のこのアルバムが寄り添えることを願っています。」
2021.03.10
SATORU ONO、今年リリースのニューアルバムから4作目となる先行配信曲を公開!
ミュージシャンとしてテニスコーツやマヘル・シャラル・ハシュ・バズなど数多くのバンドに参加してきた京都在住のシンガーソングライターSATORU ONOが、今年リリースするニューアルバムから先行配信曲として「原色の街」をデジタルリリースしました!甘いハーモニーと煌めくギターフレーズ、持ち前の甘酸っぱいメロディラインが疾走する爽快インディポップに仕上がった本作。過去に7インチ化もされた原曲「All My Colours」からタイトルを一新、リリースに際してミックスとマスタリングを新たに行っています。「スターグラス」「チェスとドミノ feat. Kanaco from CuBerry」「荒地」に続く4作目のシングル。アートワークはこれまで同様に京都の画家、大畑 公成氏に手がけていただきました!

20210310-4th_illu2_500.jpg

アーティスト名: SATORU ONO
タイトル: 原色の街
Release: 2021.3.10
Format: Digital
Label: SECOND ROYAL RECORDS

Track:1. 原色の街

配信リンク
http://friendship.lnk.to/Genshoku

併せてMVも再アップしましたのでぜひご覧ください!



【アーティスト情報】
SATORU ONO official site
http://satoruono.main.jp/
2021.03.05
アナ大久保潤也が鈴木福さん·谷花音さんによるデュエットソングの作詞・作曲を担当!
アナの大久保潤也が鈴木福さん·谷花音さんの楽曲「天才じゃなくても」の作詞・作曲を担当しました!楽曲プロデュースは元Awesome City Clubのマツザカタクミ、アレンジはthe chef cooks me下村亮介と、以前から交流が深い3人がタッグを組んで制作を手がけた最高にメローなポップソング。福さん花音さんのお二人が出演しているMVもとても素敵な仕上がりとなってますのでぜひご覧ください!



鈴木福&谷花音「天才じゃなくても」
音楽プロデュース・作詞:マツザカタクミ(CHOCOLATE Inc.)
作詞・作曲:大久保潤也(アナ/OLD Jr.)
編曲:下村亮介(the chef cooks me)
録音・mix:Jun"C.J.P.S"Nishikawa(Version studio Tokyo)
2021.02.27
Homecomingsと羊文学の2マンライブ、恵比寿リキッドルームにて開催決定!
Homecomingsと羊文学による初のツーマンライブ「here」、4月16日(金)恵比寿リキッドルームで開催します!Homecomingsは今春ポニーキャニオンIRORI RECORDSからのメジャーデビューが決定、羊文学は昨年12月ソニーミュージックレーベルズ/F.C.L.S.からメジャーデビューアルバム『POWERS』をリリースと新たなフィールドでのさらなる活躍が期待される2組の共演をぜひお見逃しなく!本日2月27日より3月8日23:59まで、チケットの一次先行予約を受付しますのでお早めにどうぞ!

20210227-here-1080x1080_500.jpg

2021.04.16 (金)
"here"
会場:東京・恵比寿 LIQUIDROOM
出演:Homecomings / 羊文学
開場:18:00 開演:19:00
金額:5,000円 (D代別)
主催:HOT STUFF PROMOTION
企画・制作:Second Royal Records / カクバリズム
協力:PONY CANYON

オフィシャル先行予約(一次)
受付期間 :2/27(土)12:00〜3/8(月)23:59
先行URL : https://w.pia.jp/t/homecomings-t/

20201225-homecomings201225_________500.jpg

20210227-hitsuji500.jpg
2021.02.03
SATORU ONO、旧知のバンドメンバーが演奏で参加した「荒地」をデジタルリリース!
ミュージシャンとしてテニスコーツやマヘル・シャラル・ハシュ・バズなど数多くのバンドに参加してきた京都在住のシンガーソングライターSATORU ONOが「スターグラス」「チェスとドミノ feat. Kanaco from CuBerry」に続く、新曲「荒地」をデジタルリリース。今年リリースを予定しているニューアルバムからの先行配信曲となる本作には、ライブメンバーでもある舩木 昌人(ベース・コーラス)、緒方 誠(ドラム)がそれぞれ演奏で参加。疾走感あふれるバンド・アンサンブルと持ち前の甘酸っぱいメロディラインが華やかに弾けるポップソングに仕上がっている。アートワークは前シングル同様に京都の画家、大畑 公成によるもの。

20210203-3rd_illu500.jpg

アーティスト名: SATORU ONO
タイトル: 荒地
Release: 2021.2.3
Format: Digital
Label: SECOND ROYAL RECORDS

Track:1. 荒地

配信リンク
https://friendship.lnk.to/Wasteland

20201111-satoru_ono_artist500.jpg

【プロフィール】
京都在住のシンガー・ソングライター。自身のライブを定期的に行いながら、ミュージシャンとしてもこれまでにテニスコーツやマヘル・シャラル・ハシュ・バズ等のライブ・サポート/レコーディングにも参加している。

2005年アルバム『FRANKENSTEIN』でデビュー。名盤との呼び声高い2007年リリースのセカンド・アルバム『THE DAYS OF PERKY PAT』は、グラスゴーの才人BMXバンディッツのダグラス・T・スチュワートをして「僕にとってこのアルバムはポップ・ミュージックのあるべき姿だと思う」と言わしめた。

2010年、ベル・アンド・セバスチャン、ティーンエイジ・ファンクラブなどとも深い関わりを持つエンジニア、デイヴィッド・ノートンによるプロデュースの元にサード・アルバム『TALES FROM CROSS VALLEY』をリリース。

2021年、11年ぶりとなる待望のニューアルバムをリリース予定。

SATORU ONO official site
http://satoruono.main.jp/
2021.01.06
Superfriends今春新作ミニアルバムをリリース!Weezerオマージュの新曲「1994」を先行配信!
昨年末「Million miles apart」をデジタルリリースしバンド初のミュージックビデオも公開したSuperfriendsですが、2021年に入ってもその勢いは止まりません!バンドのルーツでもあるWeezerへのオマージュを込めた新曲「1994」を本日デジタルリリースしました!こちらは今春リリース予定、前作「Superfriends」からおよそ2年半ぶりとなる新作ミニアルバムからの先行配信曲となります。素敵なアートワークは前シングルに続いてイラストレーターのfancomiさんに手がけて頂きました!

20210106-1994_500.jpg

アーティスト名: Superfriends
タイトル: 1994
Release: 2021.01.06
Format: Digital
Label: Second Royal Records

Track:1. 1994

配信リンク
https://FRIENDSHIP.lnk.to/1994

【アーティスト情報】
Superfriends tumblr:https://superfriends2.tumblr.com/
2020.12.27
Homecomings 「BLANKET TOWN BLUES」オープニング映像を特別公開!


2020年12月25日東京・日本橋三井ホールにて行ったHomecomings presents『BLANKET TOWN BLUES』、約2時間に及ぶ生配信のアーカイブ映像からオープニングを無料公開しました!ストリングス隊を迎えた8人編成ライブセット”Homecomings Chamber Set”でフルセットでのライブです。この度新しく開設されたHomecomingsのofficial YouTube channelにてご覧頂けます。

こちらは①生配信アーカイブ+ディレクターズカット視聴券、②ディレクターズカット視聴券、2種の配信チケットを販売中。
生配信アーカイブのチケットは12月28日(月)21:00まで販売、12月28日(月)23:59まで視聴頂けます。ご購入頂いた方は、本映像を再編集し後日配信を行うディレクターズカット版の視聴も可能です。ディレクターズカット視聴券は販売中ですが、配信期間は1ヶ月後の1月29日(金)0:00〜2月14日(日)23:59までとなります。



Homecomings「BLANKET TOWN BLUES」
会場:東京・日本橋三井ホール

LIVE:Homecomings Chamber Set
【Homecomings:畳野彩加(Vocal&Guitar) / 福田穂那美(Bass&Chorus) / 石田成美(Drums&Chorus) / 福富優樹(Guitar)、Strings:宮田晴奈(1st Violin) / 松山真以子(2nd Violin) / 原田友一(Viola) / 村岡苑子(cello)】

【券種・料金】

配信チケット
①生配信+ディレクターズカット視聴券
当日:2,500円 (販売期間:12月25日0:00〜12月28日21:00まで)
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2030024&rlsCd=002&lotRlsCd

②ディレクターズカット視聴券 (オンデマンド配信)
料金:1,500円 (販売期間:12月26日0:00〜2月14日21:00まで)
https://t.pia.jp/pia/ticketInformation.do?eventCd=2031028&rlsCd=001&lotRlsCd

※生配信のアーカイブは12月28日23:59までご覧頂けます。
※本映像を再編集したディレクターズカットのオンデマンド配信は1月29日0:00〜2月14日23:59まで。

【問い合わせ】
HOT STUFF PROMOTION:
03-5720-9999 www.red-hot.ne.jp

特設サイト:http://homecomings.jp/BTB/
2020.12.25
Homecomings、メジャーデビュー決定!
20201225-homecomings201225_________500.jpg

HomecomingsがポニーキャニオンIRORI Recordsより来春メジャーデビューします!IRORI recordsは、Official髭男dism、スカートが所属するポニーキャニオン内のレーベルで才能あるアーティストと共に色褪せない音楽を追求し、音楽が持つ本質を的確に多くのリスナーへ発信するために設立されたレーベル、Homecomingsは3組目の所属アーティストとなります!

これまで同様に当レーベルがマネージメントを継続、さらにレーベル結成初期からの付き合いで色々な場面を共にしたカクバリズムとも新たにマネージメント契約を結ぶ事になりました!2つのインディーレーベルが本格的にタッグを組むという初の体制でこれからも頑張っていきますので今後のHomecomingsにもぜひともご期待ください!
2020.12.24
Superfriends、全編アニメーションの「Million miles apart」ミュージックビデオを公開!
マイペースな活動ながら国内のギターポップ、パワーポップ・ファンから大きな信頼を得ている3ピースバンドSuperfriendsが、ライブ定番の人気曲「Million miles apart」のミュージックビデオを公開しました!バンド初のMVとなる本作はメンバーの塩原くんが作成した絵コンテを元に、関西を拠点に活動するグラフィックデザイナー/イラストレーター/アニメ作家の高石瑞希さんがアニメーション制作を手がけています。素敵な内容になっていますので、塩原くんのコメントと共にぜひご覧ください!




【Superfriends 塩原(Vo. / Gt) コメント 】

「遠くにいる大切な誰かに想いを馳せる」、といったことがこの曲のテーマなのですが、今年はそういう時間が特に長くて、ロマンチックを通り越して寂しさや苦しさとばかり格闘していました。馳せるという言葉には遠くに想いをめぐらす、という意味と、シンプルに速く走るというような意味がありますが、気持ちがどこまでも駆けていって大切な人のもとまでたどり着けたらどんなによいだろうかと思います。今回のMVのストーリーにはそんな気持ちを込めてみたのですが、いかがでしたでしょうか。高石さんの作ってくれたアニメーションの暖かい手触りが、寂しさの中にある愛おしさのようなものまで表現してくれたように感じ、とても嬉しかったです。打ちのめされてばかりの日々ですが、この歌があちこちに駆けていって、誰かの苦しさや寂しさを埋める何かしらの足しになったらよいなあ、と思います。ゴチャゴチャ言ってはみましたが、何はともあれ、楽しんで聴いてもらえたら幸いです。

20201209-mma500.jpg

アーティスト名: Superfriends
タイトル: Million miles apart
Format: Digital
Label: Second Royal Records

Track:1. Million miles apart

【配信リンク】
https://friendship.lnk.to/Millionmilesapart

Superfriends tumblr:https://superfriends2.tumblr.com/
2020.12.16
SATORU ONO、京都発CuBerryのKanacoをゲストヴォーカルに迎えた「チェスとドミノ」をデジタルリリース!
これまでミュージシャンとしてもテニスコーツやマヘル・シャラル・ハシュ・バズなど数多くのバンドに参加してきた京都在住のシンガーソングライターSATORU ONOが、新曲「チェスとドミノ」をデジタルリリース!

本楽曲は京都を拠点に活動するアートユニット/ライオット・ガール・バンドCuBerryのメンバーKanacoさんをゲストヴォーカルに、当レーベルからのリリースも好評なKENT VALLEYをベースに、共同プロデューサーにアナやHALFBYのエンジニアも務める上田修平くんを迎えて制作されました!

前作から約11年ぶりとなる来年リリース予定のニューアルバムからの先行配信曲で、アートワークは前シングル同様に京都の画家、大畑 公成さんに手がけていただきました。

20201216-2nd_illu_re_rgb_last500.jpg

アーティスト名: SATORU ONO
タイトル: チェスとドミノ feat. Kanaco from CuBerry
Release: 2020.12.16
Format: Digital
Label: SECOND ROYAL RECORDS

Track:1. チェスとドミノ feat. Kanaco from CuBerry

配信リンク
https://friendship.lnk.to/ChessandDomino

20201111-satoru_ono_artist500.jpg

【プロフィール】
京都在住のシンガー・ソングライター。自身のライブを定期的に行いながら、ミュージシャンとしてもこれまでにテニスコーツやマヘル・シャラル・ハシュ・バズ等のライブ・サポート/レコーディングにも参加している。2005年アルバム『FRANKENSTEIN』でデビュー。名盤との呼び声高い2007年リリースのセカンド・アルバム『THE DAYS OF PERKY PAT』は、グラスゴーの才人BMXバンディッツのダグラス・T・スチュワートをして「僕にとってこのアルバムはポップ・ミュージックのあるべき姿だと思う」と言わしめた。2010年、ベル・アンド・セバスチャン、ティーンエイジ・ファンクラブなどとも深い関わりを持つエンジニア、デイヴィッド・ノートンによるプロデュースの元にサード・アルバム『TALES FROM CROSS VALLEY』をリリース。2021年、11年ぶりとなる待望のニューアルバムをリリース予定。

SATORU ONO Twitter
https://twitter.com/satoruono
1 2 3... 62 63 64